あなたが選ぶ免疫療法 がんと免疫 リンパ球細胞とNK細胞 免疫療法の種類と比較 自己リンパ球療法
HOME > がんと免疫 > 免疫とは

免疫とは

 私たちのからだには「はしか」のように一度かかったら、その病気にかかりにくくなる仕組みがあります。この仕組みを「免疫」といいます。

 免疫の主な働きは、体外から進入してくる異物(ウイルスや細菌など)を排除したりすることです。


 この免疫はがん細胞も排除してくれるので、免疫力が強いと簡単に生命が脅かされるようなことにはなりません。

 免疫活動はそれを担う特定の器官はなく、各器官や組織の「免疫細胞」が協力しあって活動します。



前へ 次へ
このページのトップへ

Copyright 2006 © あなたが選ぶ免疫療法 All right reserved.