培養の難しいNK細胞の代わりに他の細胞を培養する場合
 
NK細胞以外で、がん細胞を攻撃する細胞としてキラーT細胞が知られています。両者の中間的な細胞は存在しますが、基本的に、がん細胞を攻撃する能力を持つ細胞は、NK細胞とキラーT細胞、この二種類だけです。
キラーT細胞は、そのままでは殆どがん細胞を攻撃しません。標的がん細胞と一緒に培養して「教育」すると、CTLとなり覚えた標的がん細胞を攻撃するようになります。では、実際にどの程度の攻撃力があるのか、ANK細胞療法と比較してみましょう。
 
ANK細胞療法との比較
 
CTL療法は、ANK細胞療法よりも様々な制約がありますが、そもそも、細胞一個当りの攻撃力という点においてANK細胞療法よりも劣ります。それでも、T細胞系の免疫細胞療法としては最強のものです。
 
ANK > CTL
 
◆戻る