◆これだけは知っておきたい 赴任のための海外最新医療情報◆

 ■家族全員に必要な医療情報

 ●インターネット医療相談と医療情報


 最近は、インターネットの普及により、医療分野でもさまざまな利用がなされるようになりました。筆者のホームページでは、海外で病気になったときのために、インターネットでの医療相談を受け付けています。会員制ですが、あらかじめ会員の医療情報を把握しているため、的確なアドパイスが期待できるというメリットがあります。さらに家庭の主治医という白己診断のぺ一ジがあり、問診に答えると、自分の症状が英語に翻訳されてプリントアウトされます。それを外国人医師に見せると、自覚症状の微妙な表現をすべて相手の医師に伝えられるので便利です。また、世界中の日本語が通じる医師のリストもあります。

 インターネットのホームページを検索するとさまざまな医療情報が入手できます。CDC(米国疾病局)のホームページでは、最新の感染症危険地域や、ワクチン情報などがなんの制約もなく入手できます。これからは、インターネットを活用することによって、海外で健康な生活を送ることができるでしょう。


◆戻る