◆これだけは知っておきたい 赴任のための海外最新医療情報 ◆

 ■子女に必要な医療情報

 ●ワクチンの間隔


 予防接種の間隔は次の表を参照してください。生ワクチンの場合は次のワクチンまで最低4週間の間を空け、その他のワクチンは最低1週間空ける必要があるので、出発までに時間がない方は予防接種の計画を立てることが大切です。予防接種と接種証明を別々の機関で行うと、さらに余分の日数がかかりますが、同時に行っている医療機関に依頼すると、効率良く受けることができます。


表2:予防接種の間隔
 生ワクチン ポリオ・麻疹・風疹・BCG・水痘・おたふくかぜ・黄熱など 4週間以上 次のワクチン
 不活化ワクチン DPT・DT・T・日本脳炎・HB・HA・インフルエンザ・狂犬病・Hibなど 1週間以上 次のワクチン

*混合ワクチンを使用する場合を除き、2種類以上の予防接種を同時に同一対象者に対 して行う同時接種は、医師が必要と認めた場合に限り行うことができます。(予防接種実施要領より)


◆戻る